バイク王になかなか帰らないという評判がある理由

大切なバイクは信頼のできるところに売りたい、そのような気持ちでバイク王を選ぼうとする人は多いはずです。

有名なバイク買取店なことで安心感を持ちやすく、多店舗展開をしていることで利用しやすい存在です。

しかしながら評判をチェックしてみると、「なかなか帰らない」という声も確認でき、査定の依頼に躊躇している人もいることでしょう。

この帰ってくれないという評判があるのは、出張査定を利用した時のものです。

出張査定は自宅などの任意の場所に出向いてきてくれる便利なサービスで、店舗まで行けない、忙しくて時間がないなどの際によく利用されています。

バイク王について

バイク王も無料で出張をしてきてくれるため、気軽に依頼することができます。

ただ、査定価格に納得がいかなかったために、売らない姿勢を見せたものの、なかなか帰ってくれなかったという経験を持つ人もいるのです。

売る気持ちがない側からすると、長く居座られてしまっても困るものですが、そうした気持ちを知ってか知らずか引き下がってくれず、結果的にあまり良くない評判として残されています。

なぜすんなりと帰ってくれないのか、その理由は買取をしたい気持ちがあるからの一点に尽きます。

バイク王に売って欲しいという気持ちと、出張買取にもコストが掛かりますので、査定士としても収穫がゼロのままで帰る気持ちにはなれないのです。

そこはビジネスゆえに買取をしたい気持ちが前面に出てしまうこともあるのでしょう。

もちろん、全ての査定士がそのような態度を取るわけではありません。

 

それが当然の態度となってしまうと、一気に悪評が広まってしまいバイク王にとっての大打撃になってしまいます。

大抵の場合はすんなりと引き下がってくれるため、過剰に心配をする必要はないとも言えるでしょう。

とは言え、なかなか帰らない可能性もゼロではないことで、客側としては困る状況です。

そのような困った状況に陥らないためのポイントもあります。
大事なのが、売らない姿勢をしっかりと見せることです。

どうしようかと迷っている姿勢を見せると、そこにつけ入る隙を作ってしまい、もう少し粘れば売ってくれるかもしれないという心理にさせてしまいます。

 

出張査定を依頼した手前、強気にキャンセルの姿勢を見せにくいがために、曖昧な態度になってしまうかもしれませんが、そこはしっかりと自分の気持ちを見せることが大切です。

中途半端に出張査定に恩義を感じて、それらしい素振りを見せてしまうと、査定士を勘違いをさせてしまいますので、お互いのためにも売らないのならその意思をきちんと示さなければいけません。

査定士とあまり仲良くなり過ぎないことも大切。

バイクの話題で盛り上がるなどするかもしれませんが、距離感を縮めてしまうと、拒否の姿勢を見せにくくなってしまうのではないでしょうか。

気の良い相手ですと、こちらとしても無下にしたくないなどの気持ちが芽生えてしまい、本音では売りたくないものの、妥協して売ってしまうという人もいるはずです。

 

しかしそれではしこりの残る結果となってしまいます。

なお、依頼者のそうした心理を見越して、敢えて必要以上に近づいてくる査定士もいるのです。

断りにくい雰囲気を作ることで、売ってもらいやすくしようという営業スタイルであり、それにまんまとハマってしまうと安く売ってしまう羽目になるかもしれません。

適度な距離感を保つことでガードもできるため、査定士と客の立場を大事に、一線を引いた関係性を保つようにすると良いでしょう。

希望の買取価格を聞かれても、明確に答えるようなことはしないのもガード策と言えます。本当にその金額で売ってしまっても良いという考えがあるのならまだしも、うっかり希望額よりも低めの金額を伝えてしまったり、まだ決めあぐねている気持ちがあったりすると、悪い状況になってしまう恐れがあります。

バイク王が応えてくれた場合、売らなければいけない雰囲気ができあがってしまい、一方の査定士も売ってくれるつもりになってしまうでしょう。

そうした中、どうしようという態度を取ると、しつこくされてしまう可能性があり、結果的に帰ってくれない状況に置かれてしまうこともあるのです。

 

従って下手に希望価格を出すようなことはせず、曖昧な返答で濁しておくのが無難と言えます。

あまりおすすめではないと言えるものの、出張査定を避けるのもひとつのポイントです。

せっかく用意されている便利なサービスを回避するのは勿体ないのですが、少しでも不安がある場合は自ら店頭に足を運ぶのが安心と言えるでしょう。

店頭ならば帰りたい時に帰ることができますし、引き止めにあうようなことはまずないはずです。

バイク王としても出張するためのコストが掛かっていない分、どうしても売ってもらいたいという強い姿勢は出さないと言えます。

持ち込みには手間も掛かってしまうものの、不快な思いしないためにもひとつの選択肢にしてみるのも良いかもしれません。

しかしながら、上述したような回避策を持っておけばそれほど不安もありませんので、頑なに出張査定を拒絶する必要もないでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク